起業して自分の会社を作ろうと思っていませんか?起業すれば自分が会社のトップになり、組織を束ねる必要が出てきます。会社のトップとしてスムーズに事業運営するためにはそのためのメンタルが必要です。これから起業する人のために、会社のトップとして必要な心構えについてみていきます。

人あっての自分

会社のトップというと部下に命令を下すイメージを持っているかもしれません。そうなると勘違いして横柄な態度をとりがちです。しかし会社は従業員があって初めて成り立っています。その想いを持っていないと事業が成功しても、いずれ失速します。

礼儀正しさを持とう

目下の人でも礼儀をもって接することが大事です。そもそも商品やサービスを売るためには、消費者が何を求めているかを正確に理解しなければなりません。消費者と同じ目線に立っていなければ、何が当たるか判断を見誤ることになるでしょう。

感謝の気持ちを持つこと

起業家一人だけでビジネスを進めることは不可能です。従業員の支えが必要ですし、得意先との連携も求められます。人々に支えられていることを常に意識し、感謝の気持ちを持つことも大事です。何かしてもらったら「ありがとう」と伝える習慣をつけましょう。

約束厳守

どんな約束であっても、相手としたのであればどんなことでも守りましょう。口約束などどんな些細なことであっても、です。そうすることで周りの信頼が得られるようになって、会社のトップにみんながついていくようになります。

経営ビジョンを持つこと

会社のトップになるということは、いわば船長さんになったようなものです。船をどのように航海するか、その指針を提示しなければなりません。そのためには、長期的なビジョンを持って堂会社の経営計画を立てるか決める必要があります。

その日暮しでは難しい

中小企業の経営者の中には、その日暮らしの経営を続けている人も少なくありません。日々の売り上げだけに固執してしまって、その日どうしのぐかだけにとらわれてしまっている状況です。中小企業だとそれほど経営的な体力もないので、日々の資金繰りでいっぱいいっぱいになってしまうのは致し方ないところがあります。しかしそれだけでは長期的な経営は難しいです。

10年後どうなるかのビジョンを描く

もしこれから起業するのであれば、10年後会社がどうなっているのか漠然でもいいのでイメージしておきましょう。当初は利益確保に精一杯で実現が難しいかもしれません。しかし10年後自分たちがどうな低対価のイメージがあれば、そこにたどり着くためにはどうすればいいかといった前向きな考え方ができるようになります。また自分の理想とする経営が見えていると、そこに少しでも近づいていくための努力をするはずです。

まとめ

起業して会社のトップに立つと、すべて自分の責任で経営判断をしていかないといけません。また自分の判断一つで従業員など、多くの人々に大きな影響を与えるかもしれません。そのような自覚を持って仕事に当たりましょう。